Default Image

金獅子亭 別館・屋根裏

旅行記「八十年戦争の舞台を歩く」Walking the stage of the Eighty Years' War

金獅子亭 本館 オランダ近世史―八十年戦争とナッサウ伯の軍制改革 the Eighty Years' War, the Dutch States Army and the Counts of Nassau」は16世紀から17世紀のオランダの歴史を扱うウェブサイトです。

旅行記は屋根裏として別館に移転しました。

オラニエ・ルート


オラニエ・ルートは、オランイェ=ナッサウ家と歴史的に結び付きのある、アムステルダム(Amsterdam)からシュヴェーリン(Schwerin)にかけての、オランダとドイツの街を結んだ街道です。ルート内またはロイヤル・シティの訪問記。

Oranier-Route

オラニエ・ルート In Wikimedia Commons

共和国の「庭」


R.Fruinが名づけた「十年 Tien Jaren」は、1588-1598の十年間、オランダ側が完全攻勢な一連の攻囲戦争の時期を指します。東部・北部・南部の諸都市をスペインから奪還し、共和国の傘下におさめました。これをオランダでは、共和国の「庭」を囲む de tuinen van de Republiek te sluiten と表現します。「庭」内の街の訪問記。

Gouda-Sint-Janskerk-Glas03-mitte

ハウダ・聖ヨハネ教会のステンドグラス In Wikimedia Commons

オランダのミュージアム


オランダ国内のミュージアム巡りには、「Museumkaart」を購入すると便利です。加入しているオランダ全土の美術館・博物館約400館に、発行日から1年間(非居住者は31日間)、何度でも無料あるいは優待料金で入ることができます。

Buste Johan Maurits in het Mauritshuis

マウリッツハイス美術館「ヨハン・マウリッツの胸像」 In Wikimedia Commons

国内開催特別展


オランダ絵画は積極的に海外へ貸し出しをおこなっているため、日本各地の美術館・博物館で開催される特別展でもコンスタントに名画に出会うことができます。

Zilveren tafelstuk van de Slag bij Nieuwpoort

ハント・アンド・ロスケル社「マウリッツの勝利の記念像」 In Wikimedia Commons

※ 建造物等の写真画像(Freedom of Panorama)については国によって著作権法の規定が違いますが、おおむね「建物外観はOK、建物内部はNG」であることから、博物館・美術館・教会等の記事の画像(とくに建物内部)に関しては、できるだけ外部ソース(おもにWikimedia Commons)の埋め込み画像を使用することにしています。「景色」に相当するものや建物外観の写真は管理人撮影のものを使う場合もあります。